03-5683-3273

MAP

9:30~12:30 / 15:00~18:00 休診日:水・日・祝

診療案内

VITREOUS硝子体注射

硝子体注射について

硝子体注射について

硝子体注射とは滲出型加齢性黄斑変性の原因物質のひとつであるVEGFのはたらきを抑える作用を持つ薬を注入することです。眼の中に注入することで、新生血管の成長を抑え、新生血管からの滲出液や出血を止めることにより、症状を改善します。

適応する疾患

  • 加齢黄斑変性症
  • 網膜静脈閉塞症による黄斑浮腫
  • 糖尿病黄斑浮腫 等

詳しくはご相談下さい。

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性は、眼の網膜にある「黄斑」という部分の機能が、加齢等の原因によって障害される病気です。高齢者の失明原因となる病気の一つで、近年増加する傾向にあります。
脈絡膜から発生する新生血管の有無で「滲出型」と「萎縮型」に分類されます。

網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症は、読んで字のごとく、網膜の血管(静脈)が目詰まりを起こし(閉塞)、網膜がむくんだり出血したりして、ものが見えにくくなる病気です。

網膜静脈閉塞症
急な視力低下
網膜静脈閉塞症
視野が欠ける
網膜静脈閉塞症
出血したところが黒っぽく見える

糖尿病黄斑浮腫

糖尿病黄斑浮腫は、糖尿病網膜症の合併症として黄斑部がむくんでしまう病気です。網膜症の病期に関係なく発症し、その進行に伴って発症の危険性も高くなっていきます。
黄斑浮腫ははじめは小さなものですが、黄斑の中心部まで浮腫が及ぶと、著しい視力障害が生じます。
糖尿病黄斑浮腫の自覚症状として、視野の真ん中が影響を受けます。 進行に伴ってさまざまな症状があらわれますがいちばん多くみられるのが、かすみ眼です。
そのほか、視力の低下、変視症、コントラスト感度低下などがあります。

かすみ眼
かすみ眼
変視症
変視症
コントラスト感度低下
コントラスト感度低下

ページの先頭へ