03-5683-3273

MAP

9:30~12:30 / 15:00~18:00 休診日:水・日・祝

診療案内

GLAUCOMA緑内障

緑内障について

緑内障とは、眼圧の上昇などが原因となって視神経が損傷を受け、視野(見える範囲)が狭くなる病気です。
大きく分けて、突然眼圧が上昇して急激な頭痛・眼痛・視力低下などを引き起こすことがある『閉塞隅角緑内障』と、徐々に眼圧が上昇し(もしくは眼圧は正常範囲内で)、ゆっくり視野が狭くなる『開放隅角緑内障』の2つがあり、一般的によく言われる緑内障とは後者のことです。
日本人では、40才以上の17人に1人は緑内障と言われていますので、1年に1度は検診をお勧めします。
閉塞隅角緑内障では、早急に治療が必要で、眼圧を下げる点滴・注射・点眼や、レーザー治療などを行います。開放隅角緑内障では、定期的な眼圧チェックや視野検査を行いながら、主に点眼による加療を行います。

手術について

正常な視野
正常な視野

片目で見た場合のイメージになります。

緑内障/初期の見え方
緑内障/初期の見え方

目の中心をやや外れたところに見えない部分ができます。実際は両目で視野をカバーしたり目を動かしたりするため、自分自身で異常に気づかないことが多いです。

緑内障/末期の見え方
緑内障/末期の見え方

見える範囲は狭くなり、日常生活にも支障をきたすようになります。さらに放置すると失明に至ります。

緑内障の治療

緑内障の治療では、まず眼圧を下げることが大切です。それは、眼圧を下げることによって緑内障の症状が進行するのを遅らせる効果があるといわれています。大半は目薬だけで眼圧をコントロールできる方が多いです。

治療法としては、薬物療法・レーザー治療・手術です。

薬物療法は、緑内障治療の基本となっており、現在では10種類以上の点眼薬が発売されています。
緑内障のタイプや眼圧の高さなどに応じて処方致します。
レーザー治療は、点眼薬の服用でも効果がない場合、レーザー治療もおこなわれます。レーザー治療には、虹彩に孔をあけて眼内の房水の流れを変えるものと、線維柱帯に照射することで房水の排出を促進するものがあります。痛みはほとんどありません。

ページの先頭へ