03-5683-3273

MAP

9:30~12:30 / 15:00~18:00 休診日:水・日・祝

診療案内

DIABETES糖尿病網膜症

糖尿病網膜症について

糖尿病網膜症は、糖尿病の合併症により目の奥の網膜がダメになる病気です。予備軍も含めると2,000万人といわれる闘病病の患者数の多さもあって、糖尿病網膜症は緑内障とともに成人してから失明の大きな原因疾患となっています。
糖尿病には、のどが渇く、多尿などの症状がありますが、これらは血糖値がかなり高くならないと現われません。血糖値が多少高い程度の状態では自覚症状はほとんどないために、糖尿病を治療しないでいる人が少なくありませんが、合併症はからだの中で確実に発症・進行しているのです。 糖尿病の眼の合併症は網膜症以外に、白内障をはじめ、さまざまな病気があります。
糖尿病網膜症の初期から中期では、自覚症状がほとんどありません。 病気が進んで後期になると、視力が落ちたのが自分でもわかりますが、その頃には網膜が、かなりいたんでいるので、失明に近い状態になってしまうことがあります。

糖尿病網膜症について

初期の段階

糖尿病発症後、数年から10年くらいで糖尿病網膜症を発症しやすいといわれており、初期には症状がみられません。
しかし、目の中の血管の状態をみると、小さな出血など、少しずつ異常があらわれています。自覚症状を感じたときには、網膜症がかなり進行していることがほとんどです。

初期の段階

中期の段階

視界がかすむなどの症状が感じられます。このとき目の中で、血管がつまるなどの障害が起きています。

中期の段階

末期の段階

視力低下や飛蚊症が起こり、さらには失明に至ることもあります。目の中で大きな出血が起こる、あるいは網膜剥離や、緑内障など、他の病気を併発している場合があります。

末期の段階

ページの先頭へ