03-5683-3273

MAP

9:30~12:30 / 15:00~18:00 休診日:水・日・祝

診療案内

CATARACT日帰り白内障手術

白内障とは

白内障の主な原因は目の老化現象で、50歳前後からだんだん発症する方が増えます。
60歳代で70%、80歳以上になるとほぼ100%が白内障になります。
白内障は目の中の水晶体が雲ってしまう病気です。最近では治療技術の進歩により、日帰り手術ができるようになりました。

普通の見え方
普通の見え方
白内障の見え方
白内障の見え方

症状

目には、カメラでいうとレンズの役割をする「水晶体」があります。これがくもってしまうと、上手に見ることができなくなって、視力が低下します。
主な症状として、以下のようなものが挙げられます。

  • かすんで見える、ものが二重、三重に見える
  • まぶしく感じやすく、明るいところで見えにくい
  • 老眼だったのに、一時的に近くが見えやすくなってきた

治療方法

日常生活に支障がないようであれば、通常は目薬(点眼薬)や内服薬を使います。こちらは白内障を治療することはできませんが、症状の進行を遅らせることができます。だんだん白内障が進行してきて、日常生活に不便を感じるようになった場合は、手術を検討します。

手術について

手術
眼球を切開し、水晶体の前嚢を切り取る。
手術
水晶体の核と皮質を超音波で砕き、吸引して取り出す。後嚢とチン小帯は残す。
手術
残した後嚢の中に、眼内レンズを挿入する。

術後の注意点

手術後は、傷口が完全にふさがるまでは眼の中に菌が入る可能性があるので注意が必要です。

  • 保護メガネを1週間ほど着用していただきます。
  • 洗髪と洗顔は、しばらくの間はお控えください。
  • お化粧は、しばらくの間できません。
  • 飲酒やたばこは、控えてください。
  • 入浴は、顔をつけないようにしていただければ、翌日から入れます。
  • 仕事は、軽作業であれば、翌日より始めていただけますが、目をよく使う仕事は避けてください。
  • 車の運転は、医師が許可するまでできません。
  • 家事は、翌日より始めていただけますが、ほこりっぽい所での作業はお控えください
  • 運動や水泳はしないでください。散歩程度ならば、翌日からでも問題ありません。
  • 旅行は、医師に許可を取ってからにしてください。

日帰り白内障手術の費用

皆様の保険に合わせた料金設定をいたしますので、お気軽にご相談ください。

多焦点眼内レンズをご希望の方はご相談ください。

ページの先頭へ